パソコンQ&Aへ戻る  
   
★ホームページ用の画像加工 ~ その他のポイント
     

その他、ホームページ用の画像加工について、ポイントになる点を書きます。

     
●加工回数は最小限で済ませる  
     
 

画像の色調整(レベル補正)、サイズ縮小、などの処理をする時は、1回で済ませましょう。
1度色調整をして「どうも気に入らないな」という時は、メニューの「編集」-「元に戻す」で加工前に戻って、もう一度色調整をやり直します。色調整した画像にさらに色調整をやらないようにして下さい。
縮小も同じで、一度縮小した画像を、再度縮小しないようにして下さい。加工を繰り返すとそれだけ画像が荒れます。
画像加工のページにあるように、

トリミング(切り取り) → 色調整 → サイズ縮小 → シャープ → GIF・JPEG保存(減色)

の手順を守れば、最小限の加工回数で済みます。

 
   
●加工途中のファイルを保存する  
   
 

そうは言っても、加工回数が最小限で済まないケースは、往々にして起こります。
例えば、「サイズの違う画像を作りたいな」→「あ、でも元画像が残ってない」→「GIFの画像開いて縮小するか」・・・といったケースです。
そういう時のために、画像加工の鉄則として

加工途中の手順ごとに、ファイルを保存しておきましょう!

例えば僕は、スキャン画像からホームページ用の画像を作る時には、以下のようにファイルを保存します。

sakuhin_scan300.psd スキャンした生画像ファイル(300dpi)

sakuhinトリミング後.psd

必要な部分だけトリミング(切り取り)したファイル
sakuhin色調整後.psd レタッチ(色調整)後のファイル
sakuhin200.psd ホームページ用に幅200ドットに縮小したファイル
sakuhin.gif ホームページ掲載用のGIFファイル

このように保存しておくと、後になってやり直したい時に

色調整をやり直したい → 「sakuhinトリミング後.psd」を開いて色調整からやり直す

サイズが違うファイルを作りたい

→ 「sakuhin色調整後.psd」を開いて縮小し直す
GIFだと色が汚いからJPEGにしたい → 「sakuhin200.psd」を開いてJPEGで保存し直す

という具合に戻れるので、最小限の加工回数で欲しい画像が作れます。

このように保存していくとファイルの数がかなり増えますが、今時のパソコンは大容量のハードディスクを積んでいるので、ファイルが多少増えてもどうということはありません。
ただ、ファイルの数が増えると、フォルダを開いた時に一目でわかりにくくなりますので、画像ごとにフォルダを分けるようにするといいでしょう。

 
   
●色調整やサイズ縮小はフルカラーモードで  
   
 

一度GIFファイルにすると、色が256色(インデックスカラー)に減色されてしまいます。
そのままだと、色調整が効きません。
また256色の状態でサイズ縮小すると、縮小処理でできる中間色のドットを無理矢理256色パレットに収めようとするので、画像が荒れてしまいます。 (主線のふちにギザギザが出たりします)
どうしてもGIFファイルを加工したい時は、フルカラー(1677万色)モードに変更してから行います。

Photoshopの場合 「イメージ」-「モード」-「RGBカラー」

Paintshopの場合

「カラー」-「増色」-「TrueColor」

この操作の後、色調整→サイズ変更→GIF保存 をしてください。

本当は、こんなことしなくても済むように、上に書いたように各手順ごとにファイルを保存しておくといいです(^_^)

 
   
パソコンQ&Aへ戻る