« カテゴリ名に日本語を使う方法(1) | メイン | カテゴリ名に日本語を使う方法(3)応用編 »

カテゴリ名に日本語を使う方法(2)

カテゴリ説明欄 <MTCategoryDescription> を使う方法だと、実は不便なことがたくさんあります。

◇カテゴリ説明欄が本来の「説明欄」として使えない
例えば商用ECサイトで、商品のカテゴリを作る場合は、そのカテゴリの説明を入れたいでしょう。

◇カテゴリ数が膨大にあると、いちいち説明欄を入れるのが面倒

◇エントリ書き出しでバックアップを取っても、カテゴリ説明欄は出力されない
カテゴリ名は出力されますが、カテゴリ説明欄は出力されないので、バックアップできません。

こうした不都合から、僕は自分のサイト「コミックホームズ」では、カテゴリ名にディレクトリ名を埋め込む方法を使っています。
カテゴリ名を以下のように設定します。

カテゴリ1<cat1>
(※<、> は実際には半角文字)

カテゴリアーカイブの出力設定では、例えば
<MTCategoryLabel dirify="1">/index.html
とします。
これで全角文字と「<」「>」が削除されて、「cat1/index.html」になります。
(※追記)
MT3.17まではこれでよかったのですが、MT3.2ではディレクトリ名の処理が変わったようです。
デフォルトの「category/sub_category/index.html」のままで、自動的にdirify="1"がかかってうまく行きます。

テンプレートでカテゴリを表示したい部分では以下のようにします。
<MTCategoryLabel decode_html="1" remove_html="1">

こうすると、まず「decode_html="1"」でHTMLタグへの変換が行われて、

カテゴリ1<cat1>

となり、次に「remove_html="1"」でHTMLタグが削除されて、

カテゴリ1

とめでたく日本語だけ残ります。
なかなか便利な方法ですので、試してみてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://comich.net/cgi-bin/mtsuruniwa/mt-tb.cgi/2

この一覧は、次のエントリーを参照しています: カテゴリ名に日本語を使う方法(2):

» 日本語カテゴリー名で好きなディレクトリ名を付ける方法 from サラリーマンの気ままなブログ
ブログのサイト構造を変更しました。 今までは、記事単体もカテゴリーもバックナンバーも全て同一のフォル... [詳しくはこちら]

» NOプラグインでカテゴリーソート from オラオラ
mixi のハンドル shiro さんが、驚愕の技で「カテゴリーソート」を完成させちゃいました。完璧に盲点! [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)