●トップ(Top) >

金色のコルダ/第38楽章

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
金色のコルダ/第38楽章 呉由姫
LaLa2007年05月号
金色のコルダ,09

香穂子への気持ちを自覚して、気になって仕方ない火原。一方、香穂子は楽しそうに一生懸命ヴァイオリンを弾いていたが、練習の音を聴いた人達から「レベルが下がった」とウワサされ…
大きな山を越えた香穂子ちゃんは、これまでと違う落ち着いた表情でヴァイオリンに向かっています。地に足が付いた感じと言いますか。対してせっぱ詰まって右往左往している火原くん。読んでいてドキドキっていうより、いつもは明るい彼のことが心配です。大丈夫かな…(^_^;)