●トップ(Top) >

ボクとフジオ/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
ボクとフジオ/1 有田作郎
別冊花とゆめ2003年01月号

湖川菊(こがわ・きく、♂)は小学三年生で施設住まいの孤児。生き別れになってしまった妹・鈴(すず)を探しに施設を抜け出した菊は、ラーメンの臭いに惹かれて花森小学校の裏庭の倉庫に住む教師・富士山フジオの所に転がり込む。校長のはからいで二週間置いてもらえる事になった菊は、フジオと共に鈴を探し始めるのだが・・・。
学校の倉庫を改造して住んでしまうわがまま教師・フジオですが、だんだんと菊くんの”居場所”になっていきます。鈴ちゃんの思い出の使い方がとてもいいな、と思いました。
あと、オカマの校長やマスコット人形?のジャックくんなど、おかしな脇キャラがストーリーの(妙な?)味付けになっています。

●このページへのトラックバックURL(Trackback URL to this page)

●受信したトラックバック(Received trackbacks)