●トップ(Top) >

少年劇/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
少年劇/1 岡崎呼人
別冊花とゆめ2004年05月号

小学3年生の行成(ゆきなり)のクラスは、母親の浮気相手の子供・巴音(ともね)、父子家庭の諒(まこと)、母病死・父離婚の綾菜(あやな)など、家庭の事情のある子が多い。クラスの中では少数派の「ふつうの家庭」の子供・・・ということになっている行成だが、実は巴音・諒・綾菜の親たち3人と”家族”をやっているのだ。事情があって自分の子供に会えない”家族”のために、友達3人の様子を写真に撮って見せてきた行成なのだが・・・。
親子関係・家族関係の物語をたくさん描いてきた岡崎さんですが、今回はまた極めつけの不思議な家族の物語。行成くんを通して我が子を見る”親”たちですが、人はいつまでも「役目を果たす」だけの道具ではいられません。心動かさずにはいられません。
扉に書かれた言葉は、「あなたも、抱きしめてますか?」

●このページへのトラックバックURL(Trackback URL to this page)

●受信したトラックバック(Received trackbacks)