●トップ(Top) >

半端カンカク/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
半端カンカク/1 福山リョウコ
ザ花とゆめ2002年04月01日号
心臓が足りない(HCS),01

7年前に死んで幽霊になってしまった双子の兄・海(かい)の声だけが聴こえる杏(あん)。いつもそばにいる海と杏が保健室で話しているところを、やってきた各務(かがみ)に見られる。海の声だけが"聴こえる"杏と、姿だけが"見える"各務。「こんなの半端な感覚だよ」と言う各務だったが・・・。
幽霊の「声だけ聴こえる」「姿だけ見える」という新たなシチュエーションですが、死んでしまった海と杏の2人の切なさが何より心に残ります。海の姿が最後の方まで見られないのもまた効果的です。

●このページへのトラックバックURL(Trackback URL to this page)

●受信したトラックバック(Received trackbacks)