●トップ(Top) >

スピカ/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
スピカ/1 鷲見はるか
ザ花とゆめ2002年06月01日号

夢をなくして、バイオリン一つを持って叔母さんの家にやってきた奏(かなえ)。何と男2人の新人音楽ユニット「スピカ」(常盤恒征+藤代壱)と同居することに。バイオリンだけを残して死んでしまった父親への思いから、ずっとバイオリンを弾けずにいる奏。腹を立てた壱は・・・。
大事に育てられたおかげで、バイオリン以外に何にもできない不器用な奏ちゃん。それだけに「役立たずにはなりたくない」っていう強い思いがよくわかります。でも、バイオリンを弾く時はやっぱりいい顔ですよね。本当に好きなんだな~と思います。
スピカの2人がちゃんと演奏する場面がなかったので、奏ちゃんのバイオリンと合わせて、3人でセッションするところが見たいですね。壱くんの家庭の事情とか、恒征くんと出会ったきっかけとか、まだまだ続きがありそうなお話で、楽しみです。

●このページへのトラックバックURL(Trackback URL to this page)

●受信したトラックバック(Received trackbacks)