●トップ(Top) >

告白倶楽部/Case10 輝ける明日を見ろ

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
告白倶楽部/Case10 輝ける明日を見ろ 山本修世
ザ花とゆめ2004年08月01日号
告白倶楽部,03

谷口輝(ひかる)は、長男・優(まさる)、三男・渉(わたる)と共に三つ子の兄弟。クールな優、素直で愛され上手な渉に挟まれたお調子者の輝だが、密かに一番に思っている女の子は、さわやかで歯切れのよい岡間里穂。願わくば岡間が俺を一番に見てくれないだろうか?
今回は「見る」ということが大きなテーマのお話。「自分を一番に見て欲しい」と願い、「お前、何にも見えてないだろう?」と人を責め、「見えてなかった。ごめん」と謝る。それだけ「見る」ことにこだわるのは、やっぱりその底に「わかり合いたい」っていう願いがあるから。「どうせわからないし」と逃げてしまっていたら、輝くんの成長もなかったでしょう(^_^)
”三つ子の兄弟”という設定は「元気なカラダ×3」を思い出させますが、中身は全然違うお話です。はみだしの山本さんのコメントによると「学校に双子、三つ子が多かった影響で何度か双子、三つ子物を描いてます」とのことです。