●トップ(Top) >

悩殺ジャンキー/番外編 赤の春

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
悩殺ジャンキー/番外編 赤の春 福山リョウコ
ザ花とゆめ2005年06月01日号
悩殺ジャンキー,05

カメラバカで赤に目がない父親の影響で、やはりカメラバカになった堤郁依(中3)。赤が嫌いで青空ばかり撮り続けている郁依の前に現れたのは、駆け出しモデルの実羽(みはね)。仕事では全然シャッターを教えてもらえない実羽に頼まれて、彼女にカメラを向ける郁依だが…。
カメラマン・堤くんの中学時代を描いた番外編。堤くんの”前カノ”の話はこれまでポツポツ出てましたが、こんなカワイイ子だったとは(^_^)
そして堤くんのカメラへの思いが明かされるお話でもあります。お父さんがどう思うかはわからないけれど、カメラを好きになった気持ちは堤くん自身のもの。目に映る新しいものから目をそらしてしまうのは、自分の人生をちゃんと生きてないって意味で、かえって親不孝じゃないかな? 捕らわれるのは仕方ないけれども…。