●トップ(Top) >

炎天下の仔犬たち/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
炎天下の仔犬たち/1 山本修世
花とゆめプラス2004年09月15日号

1歳下の幼なじみ・ハチ(海堂八哉)を使いっ走りさせているタマ。スヌーピーの耳のような帽子が特徴のハチとは、表向き「飼い主」と「犬」の関係だが、タマの中の「女の子」は密かに熱くなっていた。立派な「主人」であるために自分の想いを凍結させていたのに、何と1年生の中野ユリカがハチに告白して付き合うことに・・・。
「子犬と愛情を深めるためには、名前を呼んで見つめ合いましょう」。犬好きの山本さんらしく、犬に絡めたエピソードでうまく物語を進めています。タマちゃんの詩のようなモノローグが切ないです。
幼なじみとの関係って、今更壊せないものが多すぎて難しいですよね、ほんとに。迷子の仔犬はどちら?

●このページへのトラックバックURL(Trackback URL to this page)

●受信したトラックバック(Received trackbacks)