●トップ(Top) >

E線のリング/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
E線のリング/1 鷲見はるか
花とゆめステップ増刊1997年11月15日号

第30回BC賞佳作受賞。
中3受験生の二宮翔(かける)は、彼女の浩美とファーストキスをするための場所を探しているうちに、音楽室でバイオリンを弾いている麻生さくらを見つける。毎週音楽室に通うようになった翔は、バイオリンに行き詰って悩んでいるさくらを元気づけるが、さくらにひかれている自分に気づく。ついに浩美に別れを言い出すが、怒った浩美はさくらに・・・。
絵はまだつたないですが、さくらちゃんがかわいいですね。バイオリンを弾く表情がいいです。話もすっきりちゃんとまとまっていて、タイトルにもなっているE線(バイオリンの一番細い弦)が素敵な小道具になっています。
この後「スピカ」でもバイオリンが出てきますが、鷲見さん自身がバイオリンやっているんでしょうか?