●トップ(Top) >

晴れた日には天国が見える/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
晴れた日には天国が見える/1 内田小鳩
LaLaDX1998年07月号

季節は中3の初夏。本司(ほんじ)は、国語の”自分の好きな詩を朗読する”授業で「今日は死ぬのにもってこいの日だ」と朗読した斉藤リカを密かに”師匠”と呼んでいる。学校では目立たない斉藤だけど、彼女はいつも自分の言葉で話す。そういう人は信用できる気がする・・・。そんな時、斉藤に言い寄る男を見つけ、「そんなのあんたに似合わない」と対抗心を燃やして授業のバスケで対決する本司なのだが・・・。
” 自分の言葉で話す”リカちゃんは、マイペースでさわやかで、ほんとに魅力のあるかっこいい子です。本司くんが「師匠」って呼びたくなるのもわかります。そんな人に出会うのは、「ある意味運命の人より難しいかもしれないよ」。 そしてリカちゃんラブラブな脇役・渡さんがいい味出してます(笑)