●トップ(Top) >

遅刻時間/1

タイトル,回・サブタイトル
(Title/No.,Subtitle)
作者・掲載誌・単行本収録
Creator, Mag., Book
遅刻時間/1 岡崎呼人
花とゆめステップ増刊1998年12月15日号

加藤緋色(ひいろ)は幼い頃に交通事故で家族を失い、自分も目が見えなくなっていたが、3ヶ月前に手術を受けて11年ぶりに視力を回復した。角膜提供者の夫である初老の男性に会うために、クリスマスイブの朝、とあるコンビニの前で待ち合わせる緋色。コンビニの娘・純子や同じ歳の堀部こなみ(男)に出会って、彼らに事情を話しながら待つ緋色だったが、天気はだんだん大雪となり・・・。
コンビニ前の雪かきから始まる物語。自分を受け入れてくれるあしながおじさんとの再会を楽しみに待つ緋色ちゃんの口から、少しずつ事情が語られていきます。久しぶりに視力を回復した時って、どんな気持ちでしょうか。本当に、全てが”希望の光”に見えるのかもしれません。